PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

癲癇のはなし

みなさん・・ちこっとおひさしぶりんこ

うららの発作の記事のまま放置したままで・・心配してくださった方々ほんとうに

ありがとうございます

色んな方からたくさんのアドバイス頂いてほんとに嬉しかったです。


その中でやはりきちっと検査をした方が良いとのことでしたので、

昨日、ちぇり~のワンチン接種とちぇり子うら子のお耳のケアに病院へ

行ってきました

その時に、うららの癲癇のことを先生とじっくり相談してきました。


今日は先生との相談の記録ですので、関心のない方はスルーしちゃってね~


癲癇の検査と言っても、癲癇は脳の病気なので、検査方法がないのが実態のようです。

確かにMRIを撮るということもありますが、これにより原因が究明できるのはかなり難しい

そうです。

なので、うららの先生からは、薬を飲ませていくというのが良い方法だということでした。

ただ・・飲みだしたらずっと飲み続けることになるそうです。

私は、うららの発作が軽いのでそう心配はないのではないか・・とちょっと軽く思っていたのですが、

実際は症状の重い軽いではなく、回数が問題だそうです。

軽くても脳に掛かるダメージは少なからずあるそうで、発作を起こさせないことが大事なようです。

発作を起こさせない為にはやはり薬に頼ったほうがいいのかな・・とも・・

薬を使うことでのダメージを聞いたところ・・

やはり全くないということはなく、肝臓にはあまりよくないそうです。

なので飲ませる場合は半年に1度の血液検査が必要!

もちろん薬ですから飲ませていてもだんだん身体がそれになれてきて、発作がおきてしまうかもしれません。

その時は量を増やしていくということになっていくわけです。

ずっと飲み続けることが良いそうですが、実際は飼い主さんが最近起きてないから・・という

理由で止めておられる方も多いそうです。



薬を飲み始めてからのことで・・

最初・・薬を飲ませ始めてから、その薬が身体に馴染むまで2週間くらいかかるらしく

その間・・暫く寝てることが多くなり薬に慣れれば普通に戻るそうです。

投薬してからは生活の制限は何もなく、今までどおりで、ランにも行けます。

こういう話を色々として、チェパパと決めたことですが・・

薬に頼るのもいいけど・・まずは試してみたいことがあったのでこれを先に実行。

その事についてはまた後日記事にしますね~


もし・・その最中で、うららにまた発作が起きた場合は,

今度は迷わず薬を始めることに決めました。


昨日は、薬をできるかどうかも含めて、血液検査をしてもらいました。

結果・・身体には全く異常なしでした。

いつでも薬の処方はできるので、決めたら言ってくださいとのことでした。


【参考までに】

発作時の記録について

発作の起きた時間 と どのくらいでどんな状態だったか・・

食事前か後か  食事前だと低血糖を起して震えがきたりするそうです。

それと発作直前の行動・・遊んでいたとか 寝ていたとか朝起きてすぐとか・・

こういったことを記録していくといいそうです。




またまた今回も病気の話になってしまいました~

ほんとは先週のお出掛け話をしたかったのですが・・


昨日の先生との話を忘れないうちに先に記事にしちゃいました。


これもほんとですが・・写真の整理がでいてないのもほんと・・多すぎて(汗)


※今回も記録記事なので、コメント欄閉じてます
  
 
 だんだん寒くなってきましたね~みなさま風邪ひかれませんように~


 編集頑張るぞ~ 
スポンサーサイト

| 病気 | 12:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://cherry0817.blog116.fc2.com/tb.php/289-ca7f0f09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。